07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

追記

2007年10月25日

おはようございます。みぃです。


朝起きてパソコンを開いたら、記事がアップされていました。
あ~そういえばパパさん、昨日も夜中までパソコンに向かってたな~。
なんて思いながら読んでいると、私も同じ気持ちだったので
親バカですが、私も書いちゃいます・・・
(前回の記事「コジとムサシ」の追記です。←を読んでからどうぞ♪
)

コジロウはフレンドリーで人もワンコも大好きです。
会った事ある方はご存知だと思いますが
コジロウ独特の腰からシッポをふりふりさせる動きで
誰にでも近づいていき、ご挨拶できる子です。

2頭一緒に散歩に行くと、引きが強くなったり
吠えたりするのは、多頭飼いの難しいところです。

コジロウは1人の時は、物凄く良い子にお散歩できます。
喜怒哀楽の表現が大きいワンコなので
元気いっぱいでハイパーな印象を出会った方には与えると思いますが
コジロウは温和で優しい子です。
家にいてコジロウをを怒らなければいけないことは
全くといっていいほどありません。
トイレもハウスもオスワリ、マテも完璧です。
人間がゴハンのときは、フセをして待っていられる子です。
拾い食いもしません。
勝手に口にいれることはなく、外で他の人が与えるオヤツも
口にしません。
食べ方もおっとりしています。

ムサシは逞しくて優しい兄ちゃんが大好きで
何をするにも一緒です。
ムサシは兄ちゃんに飛びかかる!耳をかじる!
ゴハンやオヤツはわざと兄ちゃんのを取りにいく!で
見ていてコジロウがかわいそうになります。

でもコジロウは何をされても、やり返したりせず
ムサシを受け入れる優しい子です。

そんなムサシが来てから、確かにコジロウは
外で他のワンに吠えたり、威嚇することが多くなった気がします。
自分が狙われてもコジロウは強い子なので
そうそう相手にしません。

それがムサシがやられると、
ムサシを守ろうとします。
他のワンがパパに対して、失礼な態度をとったときも
コジロウは怒ります。

それはパパも書いていたようにコジロウにとって
精神的負担になると思うし、私たちの責任です。
ワンは能力が高く、きちんと躾が出来ていない部分があるとしたら
ワンが出来ないのではなく、飼い主の私がいけないのです。
パパと同じく、この子たちの笑顔の為に
親としてしなければいけないことを、実践していこうと思います。

長々と親バカ丸出しですいません。
コメントはパパが書いた前回の記事と内容が一緒なので
そちらにお願いします。

ついでにコジロウは子どもにも優しいことを最近知りました。

DSC025231.jpg

姪っ子が遊びに来た時の写真です。
子どもと接するコジロウをあまり見たことがなかったので
産後の心配も大きかったんです。
子どもは落ち着きが無く、急な動きをするので
見ている私のほうがハラハラしていましたが、
コジロウは自分からトコトコと歩いていっては
姪っ子のとなりにちょこんと座り
されるがままで、何をしても怒りません。

甥っ子がきたときは、甥っ子が昼寝をしているところに
トコトコと歩いていき、甥っ子に寄り添い
一緒に寝ていました。

日頃、甘えることも少なくなったコジロウは
ひとりで寝ていることが多いだけに、
この光景を見たときはびっくりしました。

最近は私の昼寝中にトコトコとやってきて
お腹に寄り添ってくれます。
姪っ子や甥っ子に寄り添うように
お腹にいる妹に寄り添ってくれているようです。
お腹は温まり、私の気持ちも落ち着き
何よりの胎教になっていると思います。

コジロウは弱いものに対して
守ってあげたい気持ちが強い子なんだと思います。
強くて優しい子です。。。

スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(0)