08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

キミのくれたキセキ

2016年01月27日
あれは確か去年の10月半ば。

定期的に受けているムサシの健診時に
久しぶりにコジロウ君も診せに連れてきてくださいと言われていたので
連れて行った。

特に変わった様子は無かったので、「大丈夫ですね!」で終わると思っていた。

けど、コジロウの胸に聴診器を当てたドクターから
「はっきりとした心雑音が聴こえるようになった」
と言われました。
もう投薬を開始しても良いレベルだと思うので
次回検査をして、投薬量を決めて開始しましょう。
との事だった。

突然の宣告に谷底へ叩き落されたような気持ちになったけど
早い段階から投薬を開始すれば、まだまだコジロウは大丈夫!
そんな気持ちも心の片隅にあったりもした。

でも来月には、ちゃんと検査受けなきゃな~なんて思いながらも
そうこうしているうちにムサシが日増しに状態が悪くなっていき
歩くのも辛そうになってきてしまったので
コジロウの検査は後回しになってしまっていた。

そしてムサシの大学付属病院での検査が決まり
今後のムサシの事を考えていると
コジロウの心臓の事も不安になっていき
12月5日に、心臓の状態を検査する為に病院へ行った。

たとえどんな結果が出ようとも心の準備を整えていたので
いかなる言葉が出てこようとも前向きに考えようと思っていた。

いざ診察が始まり
コジロウの胸に聴診器を当て、心臓の音を聴いたドクターから
意外な言葉を聞かされました。

「心雑音、聴こえませんね」

さすがに耳を疑った。

先代もムサシも心臓を患い、完治しない事は重々承知していたので
もう一度良く聴いてみてくださいとお願いし
再度聴診器を当ててもらったが、やっぱり心雑音は聴こえなかった。

念の為に血液検査と心臓のレントゲンも撮ったが
心臓は全く問題なく、血液検査でも他の部位で多少数値が悪いところもあったが
フードを換える程度で改善出来るレベルの結果だった。

その時は不思議な事もあるもんだなで
それ以上深くは考えなかった。
その時は・・・。

けど、ムサシが旅立ち
改めて今回のコジロウの事を思い返して考えてみると
ムサシの状態が急激に悪くなりだした頃と
コジロウに問題が無いという検査結果が出た頃が同じ時期でもあったりしたんだよね。

20080103 

ムサシが旅立った後に色々見たものの中に
ワンコは亡くなる時に家の中の悪いものを一緒に持って行ったり
身代わりになったりするという文章を読んだ時、ハッとしました。

20090419 

大好きな兄ちゃんの悪いとこ、自分が背負って持って行ったんだ・・・。

20090823 

ムサシは本当にコジロウの事が大好きで
一緒にドッグランで遊んでいても
コジロウだけが出てしまうと不安になり
追いかけようとドッグランの柵を飛び越えてまでついていこうとする位
兄ちゃんっ子でもありました。

20120103 

初めて我が家へ来た時からムサシの事を優しく受け入れ
パピ―で手加減知らずな弟を怒る事無く良き遊び相手になっていたのがコジでした。

20141012 

コジロウとムサシが共に暮らした9年の中で
親が思う以上に兄弟の絆を深めていったんだと思います。

20150103 

そして、今まで自分を守ってきてくれた最愛の兄の為に
最後にキセキをおこしてコジロウを守ってくれたんだね。

20150103-2 

実際のところはどうだか分かりません。
けど、消える事の無い心雑音が聴こえなくなったのと
聴診器を当てなくても音が聴こえてきそうな程
ムサシの心臓の鼓動が大きくなってきた頃が同じなので
どうしてもムサシが背負っていったのかなって思ってしまうんだよね。
そう思うと余計に胸が詰まるのも事実だけど。

今は聴こえなくなったけど
今度また心雑音が聴こえるようになるかもしれません。

先の事などわからないけど
ムサシが最後にくれたキセキに感謝しながら
コジロウと共に前へ進んで行こうと思います。

20100810 

コジロウにムサシがいて
ムサシにコジロウがいて本当に良かった。
血を分けた本当の兄弟のようになってくれて良かった。
この兄だからこそ、この弟になったんだと思います。
本当に最幸な兄弟でした。

もうこの兄弟が揃った姿を見る事も写真に残す事も出来ないけど
いつかまた皆が揃った時、以前のように仲良く遊ぶ姿を
一番近くで見られるといいな。
その時ムサシに、「あの時本当はどうだったの?」って聞いてみようと思います。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(8)
コメント
すごいですね!!
素敵なお話に、涙が出てしまいました。
ムサシ君、コジ君の悪いところ、全部持って行ったのだと、私も思います。
お兄ちゃん大好きだったからね。
すべての夢や希望を、託してくれたのですね。
コジ君の近くに、いつも必ず、ムサシ君がいるのでしょうね。
コジ君、これからも元気に過ごせますように願っています。v-22
私もそのキセキ信じたいです!
素晴らしい兄弟愛ですね。
こうしてる今もムサシくんは見守ってくれているから、きっとコジロウくんは元気でご家族のそばにいてくれますよ(^^)
コジロウ&ムサシパパのお話を伺ってると、心が落ち着きます。
心がとても温かくなります。
ありがとうございます。
パパさんお早うございます
僕も、もしかしたらムサシくんが!
と思いながら読みました
切なくて涙が出そうになります
ムサシくんは本当にいい子ですね
もういないのが今でも信じられません。。。
ムサシくん
こんばんわ、ノエル&アリスです

ムサシくんの事、教えて下さって、ありがとうございました
ムサシくんのご冥福を心からお祈りいたします。
コジロウくんとムサシくん、本当に仲の良い兄弟で、ムサシくん、お兄ちゃんが大好きだったんですね
ウチもアリスを迎えて多頭飼いになりました
アリスはノエルの事大好きです
そんな2匹を見てると、仲の良かっコジロウくん、ムサシくん兄弟愛の事が分かります

今までいた弟がいなくなってコジロウくんも寂しい思いにいると思います
パパさんご家族の皆さんも、寂しくてお辛いと思いますが…
お身体に気を付けて下さい
そして、いつかまたお会いしたいです
よつばママさんへ
自分の出来ないこれからを
コジロウに託していったのかもしれませんね。
本当にコジロウの事が大好きな子でしたから。
コジロウには、ムサシの分まで元気でいてもらいたいです。
そして、コジロウを通じて
ムサシも一緒に「これから」を感じてくれたら嬉しいです。
chic@coさんへ
信じたいですよね。
でも、ムサシが心臓病で苦しい思いをしたので
また心雑音が出てきたりしないかの恐怖はあったりします。
コジロウとは、あとどれ位一緒にいられるか分かりませんが
まだまだ元気でいてくれたらいいなと思いますね。
ハピィぱぱさんへ
こんばんは。
それでなくても苦しかっただろうに
コジの分まで背負って行って
その思いが健気で切なくなります。
パピ―の頃から手の掛かる子でしたが
それが尚更愛おしく感じていたりしました。
抱きしめられないのは、本当に寂しいです。
ふりふりさんへ
御無沙汰しています。

家族の一員になった日から
コジロウには容赦なく絡んで
遊んでいましたからね。
そんなムサシの全てを受け入れてくれたコジなので
兄ちゃん子になるのも当然だたんでしょうね。

お気遣いのお言葉も有難うございます。
どこもかしこもムサシの思い出があって
まだまだムサシと一緒に出掛けた所へ行く事は出来ませんが
また機会がありましたら、お会いしたいですね。

管理者のみに表示
« 月命日 | HOME | あれから »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。