09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

親愛なるムサシ

2016年01月05日
前回で最後にしようと思ったんだけどね。

最後まで頑張って生きた軌跡を残してあげたくて
こうして綴る事にしました。

ムサシは心臓病の他にクッシングも併発し
皮膚は薄くなり裂けはじめ、筋力はまったくといっていい程
無くなってしまい、歩く事もままならなくなってしまいました。

歩けないけど気分転換にと
コジの散歩が終わった後、ムサシを抱えながら散歩をしていました。

そんな状態なのに、排せつの為に地面へおろすと
尻尾を振って喜んでくれていてね。
歩けなくなってしまったけど
そういう姿を見られるだけで嬉しかった。

それでも日増しに弱っていくムサシ。
そんな時にセカンドオピニオンの先生から
大学病院での検査を勧められました。

意を決して受けたCTとMRIで
脳下垂体に腫瘍がある事が分かりました。
それが原因で副腎から分泌されるホルモンが制御出来なくなり
様々な症状が現れていました。

少しでも症状の改善をと
大学病院から副作用の少ないクッシングの薬を処方されたけど
それすらムサシの身体には合わず、ますます弱っていってしまいました。

そのような状態なのでクッシングの薬は休薬する事にし
それからは少しずつだけど元気も戻ってくるようになりました。

そして12月のクリスマス前には
伊豆まで一緒に旅行へも行けました。

温泉に入ってマッサージした事
家族の皆と24時間過ごせた事で

201601052 

ゆっくりだけど歩けるようにもなっていきました。

201601053 

ムサシなりに楽しんでくれていたんだと思います。

そして旅行からの帰り道では

201601051 

大好きだった海を見せてあげました。

年が明けた1月2日。
呼吸が苦しそうなので病院へ行きレントゲンを撮ると
真っ白になった肺が写し出されていました。
肺水腫まで併発してしまい、利尿剤を処方してもらって
少しでも溜まってしまった水を抜いて楽にさせてあげたかった。

1月3日。
どうしてももう一度海を見せてあげたくて
旅行の帰りに寄った砂浜へ家族の皆と出掛けました。

1月4日。
どうしても出掛けなければならない用事があり
家を出ようとしたところで横になっていたムサシが急変しました。
慌てて抱きかかえ、名前を呼び続けたけど
それまで激しかった鼓動が少しずつ弱くなっていき
そしてその動きを止めました。
居ない時でなく、看取ってもらいたくて急いでしまったんだろうね。
結果的に腕の中で看取ってあげる事が出来たので
これが最後の親孝行だったのかもしれません。

獣医さんからは
本当だったら年を越せはしなかったけど
少しでも一緒にいたいからムサシは頑張ったと話してくれました。
とても食べられる状態ではないはずなのに
旅立つ二日前まで自力で食事していたのも
心配かけまいとしたムサシの姿だったと話してくれました。

昨日まで生きていたムサシが
もう触れる事も出来ず、視界にもいない事が
現実として受け止められないでいます。
その存在が大きすぎて、埋めきらない程の大きな穴が
心に開いています。

最後まで最善をと思っていたけど
色々な後悔が残っています。

201601056 

誰よりも甘えん坊だったムサシ。

201601055 

嬉しさを表現しながら飛び跳ねるように走っていたムサシ。

ムサシと出会え、家族になれた事が誇りでした。
その全てが愛おしくて大好きでした。
掛け替えの無い息子でした。

もっと一緒に居たかった。
寝たきりでもいいから傍にいて欲しかった。
もっと手を掛けさせて欲しかった。
もっともっと愛情を注ぎたかった。
真っ直ぐな瞳で見つめられたかった。

201601054 

もう何処も痛くないね。
もう苦しくないね。
好きなもの、いっぱい食べられるね。
いっぱい走れるね。

ゆっくり休んだら、また戻っておいでね。

ありがとう、ムサシ。
いっぱいいっぱいありがとうね。
愛してるよ。
いつまでも大好きだからね。

すこしだけお別れだね。
気を付けて行くんだよ、ムサシ。
いってらっしゃい、ムサシ。

今までムサシを可愛がってくれた皆様
有難うございました。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(36)
コメント
ムサシ君、お疲れさまでした!!
お忙しい中、ご報告ありがとうございました。
この報告をつづるのに、どれだけ大変だったか。
コジパパさんの気持ちを思うと、せつなくなりました。
私も、泣きながら読ませていただきました。
ムサシ君、がんばりましたね。立派でした。
コジパパさんはじめ、ご家族のみなさんの愛情を受け止めて、今、やっとのんびりできたのかもしれませんね。
ムサシ君のご冥福を心よりお祈りいたします。v-22
パパさん、こんばんは
ムサシくんが旅だったんですね。。
最近、ムサシくんがブログに出てくる機会が少なくて
僕はちょっと甘く考えていたようです
まだ、ムサシくんは大丈夫。って。。。
いつだったか、パパさん一家に会うって夢を見たと
コメントに書きました
その夢はもう叶わないんですね
そこにはコジロウくん、そしてムサシくんがいたから。。。

パパさんに後悔しないで下さいと言いたいけど、
難しいですよね。。
僕も、ハピィが旅立ったら後悔するから。
でも。
人は、どうしても時間に縛られる生き物です
自分のためにだけは生きられない。
その反対で、誰かのためにだけは生きられない。
そんな中で、僕は、パパさんはよく頑張られたと思います
そして、それはムサシくんも分かっていたと思いますよ
今回の記事からとても伝わりました
胸を張っていいと思います

でも悲しいです
今、体が震えています
親愛なるムサシ君。
ムサシ君のことを知ることができて、
この記事を読むことができて、
本当に感謝しております。

ムサシ君をみて思うこと。
それは、本当に愛されてるお顔をしているってことです。

残された者は、絶対にあれこれと後悔をしてしまいますよね・・
でも、それも先だった方のメッセージだと思うようになりました。
今後どう生きるか。。。

ムサシ君、大好きな海に行って嬉しいね!
大家族で楽しいね!
いっぱいいっぱい愛されて嬉しいね!!

パパさん、ママさん、そして小さな兄弟のみなさん。
泣きたいときはガマンせず、でも笑える時もガマンせず。
自然に暮らして頂ければと、心かな願っています。

昨夜も今朝も、リッキーに話しておきました。
もう、ムサシ君と会えたと思います。
また涙が溢れてきました。
パパとママに甘えるムサシの姿が懐かしい。
ムサシ頑張ったね。
ご苦労様でした。
ムサシくんへ
ムサシくんへ

もう痛くないよ。苦しくもないよ。いっぱい、いっぱい、頑張ったね。
虹の橋の向こうでレオに会えたかな?きっと今ごろレオと元気に走り回って、ご飯をモリモリ食べているんだろうね。
ムサシくんとレオがいるところはコジロウパパさんの家みたいに温かく穏やかなところなんだろうね。ムサシくんはそこにたくさんの幸せの思い出を持って行ったから寂しくないからね。
いつか私達が会いに必ず行くからそれまで待っててね。それまで私達はこちらでもう少し頑張るから見守っててね。
ありがとう
ムサシくん、とても辛い闘病生活だったかもしれないかど、大好きな家族と一緒で幸せだったね。
最後も家族と一緒で安心してお空に行くことができたね。

まろんとも遊んでくれてありがとう。
沢山の思い出をありがとう。
私達家族もムサシくんと出会えて幸せを分けてもらった気がするよ。

本当に本当にありがとう。
いただいた年賀状を何度も読み、
気になってblogにお邪魔をしたら…言葉になりません。
Top記事のタイトルを見て読むのが怖い気持ちになり、
過去記事からまたさかのぼって読ませていただきました。
どのムサシくんも本当に可愛いです・・・
心からお悔やみ申し上げます。

元気いっぱいに走り、屈託ない満面の笑みのムサシくんに、また会えると信じて疑うことなどなかったのに…
本当によく頑張りましたね。
末っ子で甘えん坊なのに、強かったね。

家の子達も歳を重ねて不安に思うことが少しずつ増えてくる中、こうして、一緒に遊んだお友達の旅立ちはより身につまされ、涙が出てきます。
でもムサシくんはたくさんたくさん遊んで、幸せでしたね。

コジパパさんやご家族の皆さん、少しずつ元気になってくださいね。
ムサシくんが見守っていますから。

ご冥福お祈りします。
飛行犬と海の似合う男の姿が思い出されます。
妹や、主人と大丈夫なのかなぁ。と
話してはいたのですがまさかこんなに早くに亡くなるなんて夢にも思いませんでした。

最後は大好きな家族と一緒に過ごせたのですね。看取るという事は本当に本当に辛いですね。
最後の瞬間に立ち会わせてくれたムサシ君の親孝行…涙が止まりません。
なんか、書きたい事色々あるのですがまだ混乱してて…1番辛いのは家族の皆さんなのに、纏まらなくてすみません。
本当にご冥福お祈りします。
No title
ムサシ君お疲れ様でした。
最後まで頑張りました。
もう、痛くないし苦しくないね。
ムサシ君とうちの兄弟は年も近くて、一緒に思い出も持つことができて・・・ホントに、ホントに悲しいです。
ご家族のために一日でも頑張ったムサシ君、すばらしい家族の一員でした。
これからは皆さんのことを見守ってくれることでしょう。
心からご冥福をお祈りします。
ありがとう。ムサシくん。
初めて会ったその日から
コジムサくんたちには可愛がってもらいました。
とくにムサシくんには、ほんと仲良くしてもらったよね。
山、海、湖と、たくさん一緒に走ったよね。遊んだよね。
もっともっと時間を共有したかった。
一緒に走らせてあげれば良かった。
後悔ばかりです。

旅行の写真、海の写真、
ムサシくん、とっても凛々しいお顔
カッコイイよ!
そこに生きる強さがこみ上げてる!
家族の絆、愛を感じるよ。
立派だったね!すごいよ!
ムサシくんと出会えて良かった。
本当にありがとう。ありがとう。
青空で思い切り走ってね。

ご家族の皆さまのことも、とても心配です。
どうか、お身体大切にしてくださいね。
No title
あの甘えっこのクリッとしたお目目のムサシ君の表情 今でもしっかり覚えてますよ
会う機会は最近なかったけど
初めて会った豊洲のララポのオフ会の後お話した時の事 私の中での 素敵な時間として心に残っています。

家族が増えるなかでも 微笑ましくて私もこんな風に子育てしたかったなとか
思える素敵な家族だな~と良く思っていました

海で遊んでいる ムサシ君はかっこよかったよ~
これからもきっと パパさんが海に行ったら ムサシ君走ってくるね

ムサシ君 出会ってくれてありがとう
お空から みんなを見守っていてね

No title
ムサシくん、とても悲しいです。
いっぱい、いっぱい頑張りましたね。
家族みんなで何度も乗り越えてこられたのですね。
家族みんなに沢山愛されてムサシくん
幸せだったね。
最後も大好きな家族と一緒に過ごせて良かったです。

ムサシくん、大好きなパパをいつも目で追ってるからカメラ目線がいっぱいですね。
颯爽と飛び走るムサシくんが大好きです。ありがとう。
ずっと、ずっと忘れません。
ムサシくん、ありがとう
こんな日が来るなんて・・・
誰もがわかっていることだけれど、
やっぱり悲しいですね。。

ちょうどご連絡をいただいた後に年賀状が届いて驚きました。
「ほらみて! 僕は家族と旅行にも行けてシアワセだったよ!」って
ムサシ君が語っているみたいでした。

一緒にドッグランやBBQに行った日のことを忘れません。
ありがとう、ムサシくん。
No title
お久しぶりです
1度も会った事は無い私ですが・・・

ヨーコちゃんから聞きました
アンケン=コジムサ君って感じでよく覚えてます。。。
あんなに元気だったムサシ君が・・・
ケンさんの事が大のお気に入りでしたよね
blogからしか知りましたがムサシ君
本当に本当によく頑張りましたね
パパさん含めご家族のみんなも。。。
最期の時が大好きなパパさんの腕の中だった事
ムサシ君よく頑張ったね
偉かったね。。。胸がジーンと熱くなりました
別れは本当に辛く悲しい事です
わんこを溺愛してたパパさんを思うと。。。
でも今はきっと元気なムサシ君に戻り
姿が見えないのは悲しいですが
大好きな家族の傍に居ると思います


ムサシ君・・・またね。。。







ムサシ君ありがとう
ムサシ君
つい先日お越しくださった時の
ドッグスパにゆっくりつかってくれている姿がとっても愛おしく、こころに残っております。

ムサシ君は力強く立って、キュートなお顔が少しとろんとして温泉を楽しまれていましたね。
パパママにお湯をかけてもらって
嬉しかったね。
ムサシ君。
旅行に来てくれてありがとう。
可愛いお顔を見せてくれてありがとう。
ムサシ君が大好きです。
ご無沙汰しております
コジロウパパさん、お久しぶりです。
久しぶりにRSSリーダーが反応して覗いてみたら…絶句でした。
ムサシくん、がんばったんですね。
みなさんお疲れ様でした。

ルイは現在12才と半年。
今のところ心臓もほとんど進行せず、脊髄空洞症のほうもほとんど悪さすることなく元気にしてますが、やっぱり脚力やスタミナは弱ってきています。
あまり考えたくないけれどいつかはやってきてしまうお別れ。
その日まで大事に過ごしたいと思います。

ムサシくん、また会おうね!
ムサシくん、ありがとう。
お辛い中ご連絡を頂き、どうもありがとうございました。
ムサシくん、よく頑張りましたね。
とても立派でしたね。

家族みんなで旅行にも行くことができ、大好きな海も見られて、…そして最後は大好きなパパの腕の中で旅立つことができて…、きっとムサシくんはとても幸せだっただろうと思います。

暫くはパパさんもご家族の皆様もお辛いと思います。コジロウくんも寂しいでしょうね。。悲しみは消えることはないでしょうが、どうぞお身体をお大事にしてお過ごしくださいね。

お会いした時のムサシくんの元気いっぱいな様子が忘れられません。お写真のムサシくんの瞳はあの時と変わっていませんね。…今は、元気に走り回っているかな。。

カッコよくて可愛いムサシくん、今までありがとう。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
No title
すっかりご無沙汰しておりました。
思いがけなくムサシ君の訃報をお聞きして、びっくりすると同時に、
ご家族の皆さんのお寂しさを考えると、胸がつまります。
ムサシ君、コジ君も・・・なんて楽しそうな幸せそうな笑顔の写真が多いんでしょう!
ブログを遡って読ませていただいて、ご家族のきずなと愛情に、
思わずウルッとしてしまいました。
どうぞ、皆様お身体大切に・・・。
ムサシ君のご冥福を心からお祈りします。
よつばママさんへ
ムサシへ御花を贈ってくださり
ブログへも綴って頂き有難うございました。
本当に最後の時まで頑張り抜き
立派に旅立ちました。
最後は呼吸すら苦しかったけど
今は楽になって元気だった頃のように
走り回ってくれていたら良いなと思います。
ハピィぱぱさんへ
こんばんは。
まだムサシは大丈夫・・・
11月までは同じように思っていました。
本当に急激に悪くなり
あっという間に旅立ってしまいました。
今自分が生かされているのは
家族がいるからです。
とても自分一人の為に頑張ろうなんて思えないんですよね。
家族が生きる糧であり、自分の生きている証です。
だからムサシには最善をと思っていましたが
力及びませんでした。
せめてもう一度、歩かせてあげたかったです。
キャバらぶ~さんへ
リッキー君にお話ししてくださって
ありがとうございました。
大先輩のリッキー君がいてくれたら
ムサシも心強いと思います。
小さい体ながら、ちゃんと使命を持って
我が家へ来てくれたムサシです。
ムサシが遺してくれたもの全てを大切にしながら
少しずつ前へ進んで行こうと思います。
初めてお会いした時にママのお腹の中にいた娘は
ムサシを看取った時、火葬する時に号泣してくれました。
ムサシの教え、ちゃんと娘にも伝わってくれていました。
オジャママさんへ
最後まで立派に頑張り抜きました。
あんなに甘えん坊で誰かの傍に居たがってたのに
こんなに先急がなくてもいいのに。
人も好きだったけど、ワンコも大好きなムサシだったので
空の上でデミちゃんと仲良くしていてくれたら
良いなと思います。
レオママさんへ
本当に最後まで沢山頑張っていたから
せめて歩けるようにはさせてあげたかったです。
レオ君も最後まで頑張りましたね。
シャイなレオ君だったから
ムサシがしつこくしているかもしれないけど
空の上でレオ君が仲良くしてくれたら
ムサシも寂しくないですね。
まだまだ信じられない部分があって
何処かにいるんじゃないかって探してしまうけど
ちゃんと受け入れながら少しずつ前へ進んで行こうと思います。
まろまろさんへ
まろん君とも沢山の思い出がありますね。
直接絡んで遊んだりはしませんでしたが
どれもこれも楽しかった良い思い出です。
まろん君の発作も心配ですね。
長女は8年、次女は5年の年月を
ムサシと暮らしました。
長くはない時間でしたけど、娘達にムサシは
大切な事を教えてくれました。
まろん君には、まだまだ長い時間を掛けて
大切な妹達に色んな事を教えてあげて欲しいなって思います。
やえさんへ
素敵な写真立てを有難うございました。
おめでたい物の年賀状、正直何て書けば良いのか
悩みました。
「無事に」と書きましたが、それは本当に奇跡で迎えられたものでした。
それだけムサシは頑張ってくれました。
甘えん坊で兄ちゃんが居ないと直ぐ泣く子だったのに
最後は強い姿を見せてくれました。
子供達も一緒に看取り、ムサシは子供達にも
最後に一番大切な事を教えて旅立ちました。
多頭飼いならではの楽しさがあった分
今は多頭飼いならではの寂しさがあります。
ハンちゃんとシャビ君と、もう一度遊びたかったです。
まりこさんへ
仕事で不在の時でなく
ムサシが家族の揃うこの日を選んだんだと思います。
アリスちゃんと鎌倉の海ではしゃいでた時が
懐かしいですね。
2ワン共若くて元気が溢れていて
周りなんて全く見ずに遊んでいましたよね。
シニアになったムサシとアリスちゃんが再会したら
どんな風だったんだろう。
もう一度会わせてあげたかったな。
とびママさんへ
ムサシへ御花を有難うございました。
一緒にいてくれる為だけに
最後まで本当に頑張ってくれました。
コジロウから始まり、ムサシを迎え
こうして犬種を越えた交流が持てた事
とても嬉しく思っています。
いつかまた兄弟同士でお会い出来ると思っていましたが
叶わなくなっちゃいました。
でもまた何処かでお会い出来るような気がします。
ヨーコさんへ
まだムサシが家にいるうちに
大好きなアンディ君と健斗君を会わせてくださって
有難うございました。
沢山遊びましたね。
海に山に湖にランに・・・
プールでも一緒に泳ぎましたよね。
会えば健斗君の隣で目をキラキラさせて遊んでいて
そのムサシを見ているのが大好きでした。
もうアンケン君とムサシの思い出を増やせないのは
とても切なくなってしまうけど
きっとお会いすればムサシも空の上から
飛んできてくれるんじゃないかなって思います。
ぽぽママさんへ
素敵な写真立てを有難うございました。
ぽぽママさんが横浜でのオフに声を掛けてくださらなければ
ムサシはパピヨンちゃん達と遊ぶ機会を持てなかったので
とても感謝しています。
ムサシが最後に行った海は熱海でした。
家からも海は近いんですが
ここ数年はなかなか海にも連れて行ってあげられていなかったので
最後に見せてあげられる事が出来て良かったです。
まだ海に行くと何処かにムサシがいるんじゃないかって胸が詰まってしまいますが
もう少し辛さが薄らいだら、コジを連れて海へ行って
ムサシを想いたいなと思います。
きぃ☆さんへ
コジはカメラを向けると必ずソッポ向くけど
ムサシは普段のアイコンタクトと同じように
カメラを構えればこちらを見てくれていたんですよね。
なので今まで撮った写真を振り返っても
目線をくれている写真がとても多いです。
でもまだ写真でも目が合ってしまうと辛いんですよね。
もうムサシの写真を増やせないのは切ないですが
いつか自分が旅立つ時、一緒に持って行こうと思います。
スーさんへ
ムサシの事を記事にして頂き
有難うございました。
旅行へ行った時は
まだまだ目力が強くて
まさか旅行から二週間で旅立ってしまうなんて
思いもしませんでした。
いつかは訪れる事ですが
もうムサシの一緒に写った年賀状を送る事が出来ないのは
何とも言えず寂しいです。
今まで親子共々遊んでくださって
有難うございました。
さちえ♪さんへ
お久しぶりです。
ブログへ来てくださって有難うございます。
どちらかと言うとコジの方が病院通いが多くて
入院すらした事のないムサシの方が心臓を患い
治す事の不可能なクッシングになるなんて
思ってもいませんでした。
でもきっと、ムサシは自分で家族の皆と一緒にいる時間を決め
だからこそ最後まで命をめいっぱい燃やして頑張ったんだと思います。
ワンコと言えど、我が子ですからね。
自分の心と体の一部分が一緒に死んでしまった感覚です。
それでも残された者は前へ進まなければいけないんですけどね。
ホテル四季の蔵さんへ
旅行の際は本当にお世話になりました。
温泉で弱った後肢へずっとお湯を掛け続けてくださった事が
きっとムサシには気持ち良かったんでしょうね。
だから旅立った後もそちらへ伺ったり
しているのではないでしょうか。
四季の蔵さんへ行き、また少しでも歩けるようになったのは本当に奇跡でした。
最後に掛け替えの無い大切な家族旅行の思い出を作る事ができ
ムサシに楽しかった思い出を持たせてあげる事ができ本当に感謝しております。
またムサシが伺った時には宜しくお願い致します。
ruriさんへ
ムサシ、最後まで頑張りました。
老衰ではないので穏やかにとはいきませんでしたが
旅立った顔は、どこかやり切った表情をしていました。
クンちゃんとレオ君が旅立ち
初めてのオフでお会いしたキャバちゃんは
ルイちゃんだけになってしまいました。
ルイちゃんも頑張っていますよね。
コジもそうですが、この年代になると一日一日が
本当に大切で当たり前に過ごしてはいけないんだなと感じています。
ルイちゃんもコジも、皆の分まで長生きさせてあげたいですね。
jun-taさんへ
ムサシへ御花を贈ってくださり
有難うございました。
親から見ても本当に頑張って頑張って頑張りぬいて
最後は立派に旅立っていきました。
もう少し一緒に居られるかなと思っていたんですけどね。
なので心の準備がまだ出来ていませんでしたが
看取る事が出来たので最後の親の役目は果たせたかなかなと思います。
今頃モカ君とも一緒に走り回っていますかね。
goopeeさんへ
心臓病はありながら
9歳になっても元気で食欲旺盛で
とても10歳を迎えられないなんて微塵も思っていませんでしたからね。
一番賑やかでムードメーカーだった子がいなくなり
無性に寂しいですね。
子供にとって、産まれた時から傍にワンコがいると
本当に色々な事をワンコが教えてくれますよね。
8年一緒にいた長女は、今でもムサシの事を大切に想ってくれていて
そういう気持ちが嬉しくなります。
ちょら君はまだまだ長生きしなきゃ!ね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。