09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

兄妹の1年3ヶ月

2009年03月14日

みうが産まれて、かれこれ1年と3ヶ月が過ぎた。
産まれる前はハイパーズとどんな風に接しながら
兄妹で成長していくのか、楽しみとちょびっとの不安が
入り混じっていたっけ。

みうが病院から我が家へ来てから
コジはムサシの時と同じように、優しく受け容れてくれた。

3141 
31413 

ムサシにとっては初めての事だったので
新しく加わった家族に対して、戸惑いを持っていた。
コジは自然に傍へ行くけど、ムサシは距離を置いていたもんね。

3144 

産まれたばかりのみうには勿論手が掛かったけど
コジとムサシには今まで通りに接し、なるべく我慢はさせないように
日々過ごしていました。

31412 

数ヶ月経つと徐々にムサシも馴れてきたようで
コジと同じように、自然にみうの傍へ行くようになっていました。

3145 

そして、みうも自然にムサシを目で追うようになり
少しずつだけど兄妹としての仲が出来つつありました。

3146 
3147 

その頃からかな、コジがちょびっとだけ
みうと距離を置くようになったんだよね。

みうは成長するにつれ、力加減が分からないので
コジとムサシの毛を引っ張ったり、力まかせに叩いたりした事がありました。
ムサシは文句も言わずにされるがままでいたんだけど
コジは全くムサシとは正反対で、みうの手に対して歯を剥き
噛み付く仕草をして怒っていた。
その行為にみうは怖がり泣き出すんだけど
どうしても忘れた頃に、また同じ事をみうがしちゃうんだよね。
その度にコジは同じように怒っていた。
そして歯を剥き噛み付く仕草をするコジに、みうは徐々に近づかなくなった。
そりゃそうだよね、今まで優しかった兄ちゃんが
まるで威嚇するように怒ってるんだもん。
みうにとっちゃ、頭ん中に?が一杯あったと思う。
でもオイラは、コジにはコジなりの考えがあって行なっている行為だから
あえてコジを叱ったり、その行為をやめさせる事はしませんでした。
兄妹が乗り越えなければならない壁なのだから
あえて親が口出す事でもないと思ったしね。
ただ唯一オイラがした事は、コジやムサシが膝の上へ乗っている時に
みうが傍へ来た時は、「いいこいいこ」と言いながら優しく撫でる仕草を
見せる事だけでした。

それからしばらくすると、みうもコジやムサシに対して
優しく撫でる仕草を見せるようになりました。
その頃からお友達の男の子や女の子に対しても
力任せに叩いたりせず、優しく接するようになったんだよね。
勿論、コジとムサシの毛を引っ張る事もしなくなり
優しく接するようになりました。

コジが嫌われ役になりながらも、一所懸命教えてくれた事が
今こうして結果として表れています。
きっとオイラ達だけじゃ、今のみうにここまで教えられなかったと思う。
叱らず抑え込まず、決して噛まないとコジを信じ任せていたから
みうも徐々に優しさを持てる子に成長出来ているんだよね。
これからもね、兄ちゃん達に教わる事って多いと思うんだ。
時には兄ちゃん達と衝突する事もあるかもしれないけど
兄ちゃん達のその行動には一つ一つ理由があって
みうと接しているんだって、ちゃんと理解して欲しいな。
そこを教えていくのはオイラ達の役目だから、オイラ達も兄ちゃん達に負けずに
頑張らなきゃね。

そうそう、最近のコジとみうね
気が付くとお互いに傍にいて、顔近づけ合ったりしながら遊んでいます。

3149 
31410 

こうやって、兄妹の絆が出来ていくんだよね。
仲睦まじい兄妹の姿を見ているとね、とても微笑ましくなります。
ムサシは最近、手下になりそうな予感なんだけどね^^

3148 

でもやっぱり、我が強くて女王様気質なとこは・・・
相変わらずだったりします。。。

31411 

いつまでも元気で仲良く兄妹として過ごしてね。

スポンサーサイト
未分類 | コメント(14)
コメント
兄弟のきずな☆
読んでいて、ほんとにじーん、、、としました
兄妹でケンカしたり、思いあったりするのは人間どうしでも一緒ですよねe-420
紆余曲折しながら、絆が深まっていくんだなぁ、、、と感動しました
絶対に噛まなかったコジロウくんも、お兄ちゃんにまかせたムサシくんも、優しく接することのできるようになったみうちゃんも
みんな、えらいねe-266
そして、黙って見守っていたコジロウパパたちも、、、
素晴らしいとおもいます


良いお話ですね~
人間の子供が生まれてしまうと[子供>犬]になってしまう人も多くて、それは間違いでは
ないのでしょうけど、どやっぱり悲しいですね。。。
ワンコは人間とは違う部分もあるけどファミリーとして同じだけの愛情で接してあげたい。
コジロウパパさんの考え方や実践されていることは凄く良いですね、我が家ももし子供が
生まれたらこんな生活がしたいと思います。
お子さんが生まれることで、
どうしても人間の子供のほうが当然のように
大事、大事で、それまで可愛がってたわんこやにゃんこを
手放してしまう人までいるのに、コジロウパパンさんの記事は
本当にとても心が温まりました。
もちろん、どうしようもない事情で手放す人がいることも
分かってはいますが、その一方でこうやってそれぞれを
信頼して、わんこにやきもちを焼かせない、子供を噛ませない
(噛まないと信頼する)など、当たり前のようにされている
コジロウパパさんご家族になんだかほんわかしました。
私だったらすぐワンコを叱ったり手で防いだり
したと思います。
すごいなぁ。
じっと見守って暖かく指導すると言うのは大事ですね。
兄弟って、それぞれの兄弟ごとに、特徴がありますよねー。
うちの兄弟の変な非常識!!見たいなのあるし(笑)
ムサコジ家は良い感じで、ワンコも子供も絆が芽生えていて、いいですね。
おしゃべりできるようになったら、どんな風に話しかけるか、楽しみですよね。

うちも、アーサーは絶対に噛んだり吠えたりしないと言う、強い信頼があるので、全然気にしません。
でも、興奮すると、走り回ってこやぎさんを跳ね飛ばしたりするので、たまに怒られてます。^^;
うふふ◎
なんか今よりもっと3兄弟の絆が強くなるのが、楽しみで楽しみでなりません◎
毎日の色んな積み重ねで、どんどん皆で成長していく◎
一番ステキな事じゃないかな~って思います◎
コジ兄ちゃん、是非私のお兄ちゃん役になってほしい!!
ダメ???笑

コジロウくんはコジロウくんなりに、ムサシくんはムサシくんなりに、
未海ちゃんを受け入れていったんですね。
コジくんが一時期威嚇したのも、家族として認めているからこそだったのでしょうね。
しっかりお兄ちゃんの役割を果たしているコジくん、我が家にお借りしたいぐらいです(笑)
コナはムサシくんタイプで、やはり手下になりそうな予感がします^^;
jyutamさんへ
普段はクールに見守っているコジですが
こうしてちゃんとルールを教えて
あげているんですよね。
過大評価はしませんが、コジにはオイラとの生活の中で
人間の手は優しく撫でてくれたり
ゴハンをくれる物と教えてきました。
もちろんパピーの頃に甘噛みはしましたが
しっかり理解出来るようになってからは
ちゃんと意識してくれています。
だから安心して見ていられたんですけどね。
vivipapaさんへ
ワンコもパピーの頃は手が掛かるように
みうにもやっぱり手が掛かっています。
でも最初にいた子供達はコジとムサシであって
その子達をないがしろにしてまで
みうにだけ愛情を注ぐような器用な事が
オイラには出来ないんですよね。
コジとムサシがいる事でpapaさんや
多くの皆さんとお知り合いになる事が出来ました。
沢山のものを、この子達が運んできてくれました。
その事への恩返しの意味も込めて
コジとムサシにはこれからも全力で愛情を注いでいきますよー。
沙羅さんへ
コジと巡り合うまで見ていた
里親募集サイトでも、「子供が産まれた」からとか
「アレルギーが出たから」とか
命を何だと思っているのか理解出来ないような
内容の投稿を良く見かけました。
たとえワンコであっても、コジとムサシは
オイラにとって大事な息子達です。
きっとね、そうやって手放した人の子供は
そういう親の姿をちゃんと見ていて
いつか子供に同じ事されるんですよ。
子供に捨てられた時に、ようやく自分のした愚かな行為に
気づいても遅いんですけどね。
オイラは人生の半分以上ワンコと暮らしていますが
その中で本当に多くの事を学び、身をもって色んな事を
教えてもらいました。
みうにとっても、コジとムサシと暮らした事は
とても大きなものとして生涯残っていくと思います。
前を歩く兄ちゃん達、体は小さくても
その存在は大きいですよ。
りきママさんへ
叱っちゃう事って、簡単なんですよね。
でもこの子達がする事って
必ず意味があったり、何かこちらに伝えようとしての
行動だと思っているんですよね。
本来子供好きで、よその子に何されても怒らないコジだけど
みうは家族としてちゃんと受け容れてくれたからこそ
あえて厳しく教えていたんだと思います。
歯を剥いて威嚇して泣かせても
笑って見守っていられましたよ。
「また泣かされてやんの^^」って。
ナオユキさんへ
それぞれの家族の、それぞれの兄妹にか分からない
ルールみたいなものがあるんでしょうね。
これからみうが成長していっても
やっぱりコジは兄として接していくだろうし
ムサシは次男の本領発揮で要領良く
接していくんだろうな~って思います。
「信用」と「信頼」って似ているようで大きく違うと思うんですが
信頼する気持ちがあれば、大きく悩む事も無くなるんですよね。
あっ、たまにムサシもエキサイトしすぎて
体当たりの末にすっ飛ばしてますよ。
キャバらぶ~さんへ
泣いたり笑ったりしながら
毎日一緒に過ごしていくうちに
もっともっとお互いを理解しあえて
兄妹としての絆が出来ていくんでしょうね。
弟思いのコジと兄ちゃん大好きなムサシの
揺ぎ無い関係の中へ入っていくのは
きっと努力も必要だと思いますが
みうにはそれを乗り越えて更に仲良くなってもらいたいですね。
オイラは中学の一番やさぐれてる時に
親の策略でワンコと暮らし始めましたが
産まれた時からコジやムサシのような兄ちゃんがいたら
きっとグレた感情なんて持たなかっただろうなって思います。
キャバらぶ~さんにもオススメです^^(って、どんな意味でだ?)
jun-taさんへ
突然家族に加わったみうに
戸惑いながらもコジとムサシそれぞれのペースで
受け容れていってくれました。
公園で幼稚園児の集団に毛を引っ張られようが
頭ひっぱたかれようが決して怒る姿を見せなかったコジが
みうには厳しく接していたのって
コジの中でちゃんと家族として認めていたからなんですよね。
普段クールな分、コジは怒ると怖いですよ~^^
何度もみうは泣かされて、その度にオイラは大笑いしてました。
コナ君はムサシタイプですか~。
こういうとこでも性格が出て面白いですよね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。