05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

コジロウが家族になった日の事

2009年02月09日

今まで、ムサシがやって来た日の事は
コンビ結成の日として綴ってきたけど
そういえばさ、コジを迎えた日の事って
あまり公表してこなかったんだよね。
なので今回は、コジが初めて家族になった日の事でも。

あれは2005年の2月9日
今からちょうど4年前の事になるね。
その日オイラは早起きして、雪が降ってきそうな空を眺めながら
愛知まで1頭のキャバリアを迎えに行く準備をしていた・・・

・・・そのキャバ君との出会いは、ある里親募集サイトだったんだよね。
それまでネットで色んな子達を見てきてもピンと来なく
半ば諦めかけていた頃に里親募集サイトを覗いたら
1頭のキャバリアの男の子が見上げながら見つめている写真が掲載されていた。
オイラはキャバリアなんて犬種は全く知らなかったんだけど
その子の写真を見たときに、ものすごい衝撃が体の中を走ったのを
今でも覚えています。
早速コンタクトをとり、里親を探す経緯を聞き
オイラも今までワンコと暮らしてきた話をした。
そして縁あって、父がAKCチャンピオン、母父がJKCチャンピオンという
番長らしからぬ・・・いや、ある意味番長的な血統の
キャバリアの男の子が我が家にやって来る事になった。
その子の名は“コジロウ”、もうじき生後6ヶ月になる頃だった・・・

身支度を終え、朝9時前に愛知へ向けて出発した。
それから東名高速をひた走り、お昼近くには愛知入り出来た。
その頃、空からは小雪がちらついていたんだよね。
雪が降る中、これから番長などと呼ばれるなんて微塵も思わせないような
大人しくて、ちょっぴりシャイなコジロウと初対面しました。
あの衝撃を受けた子が目の前にいる・・・。
そう思うだけで妙に緊張と興奮をしたっけ。
一通り御挨拶を済ませ、お話をさせて頂いた後に
今まで使っていた毛布やオモチャ、フードやオヤツも一緒に受け取り
神奈川までの岐路に着きました。
向かう時よりも、ゆっくりゆっくり走りながら。

帰りの車中、ずっと大人しくて元気が無いのが気になっていた。
トイレ休憩で車を停め外へ連れて行っても、震えてちぢこまるだけで
オシッコもしなかった。
でもね、帰ると人が変わったように元気になり
トイレシートの上でちゃんとオシッコも出してた。
それで安心したんだよなぁ。
だいぶ慣れてきたのか、夜にはすっかり本領発揮し始めて
10数年振りにパピーの激しい動きと甘噛みの痛さと
起きたら床に無造作に転がってるウンコを見つけた時の唖然さを
思い出させてもらったんだよね。
「これから長い時間、君の父ちゃんをやる事になるから宜しくな!」
そうコジロウに向かって言うと、返事を言うかのように
ぺロっと頬を舐めてくれた。
こうしてオイラとコジの歴史が始まっていったんだよね。

2.91 

でも散歩だけは、それから暫く苦悩の日々が続いたんだよなぁ。
家の中とは対照的に、外では全く歩こうとしなかったんだよね。
近所でも歩かず、広い芝生のある公園ならと思って連れていっても一切ダメだった。
途方に暮れながら公園のベンチでコジと一緒に佇んでいた事もあったんだよね。
「何処なら元気いっぱい歩いてくれるんだろう?」
出た答えは“海”でした。

次の休みに、早速辻堂海岸へコジを連れて行ったんだよね。
辻堂海岸は、先代のロッキーと最後に来た思い出の海岸でも
ありました。
最後にロッキーと来た時、ロッキーはただ傍にいて目を開ける事無く
永遠の眠りについたばかりだったから、砂浜を走る姿は見られなかった。
元気だったら、いっぱい砂浜を走り回りたかっただろうな・・・
そんな事を思い返しながら、歩かないコジロウを抱っこして
駐車場から砂浜までを歩いた。
砂浜に着き、おそるおそるコジロウを降ろしてみると
まるで水を得た魚のように、思いっきり砂浜を走り回り始めました。

2.92 

初めて見る、コジロウの外で走る姿に
自然と笑顔がこぼれていました。
ロッキーは最後に走る事が出来なかったから
きっと魔法をかけてくれたんだよね。
それからの休日は、全てコジロウと辻堂海岸で何時間も一緒に
過ごすようになりました。
海男伝説のスタートです^^

2.93 

こうしてコジと過ごした4年の中には
楽しい思い出が沢山あります。
でも逆に、コジには我慢させてしまった事も沢山あります。
それでもひねくれた考えにならず、後から出来た弟と妹へも
優しく接したり、とても頼りになるように力強く見守ってくれたり
してくれる子へと成長してくれました。
コジから始まった家族の歴史・・・
この日が無かったら、きっと今は無いんだよね。
ホントに今は無いって思える位
コジとの出会いで大きな変化があったんだよね。

2.94 

コジは4年前の事を覚えているだろうか。
オイラは、ちゃんと覚えてる。
君をどんな事からも守っていこうと誓った、あの日の事を。
いつまでも成長しない父ちゃんだけど
君を守ろうとする気持ちは誰にも負けない。
何からも君を守ってやる。
だから安心して、いつものソファの上で寛いでいればいいよ。
そして、君が天命を全うするその時まで
繋いだ手は決して離さないから、今のままの君らしく過ごしていてね。
俺達チームの開幕した日、ずっと忘れずにいような!

2.95 

スポンサーサイト
未分類 | コメント(38)
コメント
コジロウ君も里親できたわんこなんですね。
なんでこんなかわいい子が・・・
でも、いい家族に巡り合えてよかったですね。
コジロウ君やうちのおねーさん・もものように
家族に会えた子はいいけど、まだたくさん
こんな子はいますよね。
2.3日前にも新聞に犬の繁殖所で、犬の死骸がたくさん見つかって、やせ細った子もたくさんいたという記事を見ました。
こういう子が1匹でも減ることを願ってます。
コジ君、生後6ヶ月で里親募集だったんですね。
どういう経緯かはわからないけど・・・。
でもコジ君は生まれた時からパパさんの所に行く事が決まっていたのかも。
海で初走りの姿を見た時のパパさんの心境。
すごくうれしいですよね。
そしてうれしそうに入っているたくましいコジ君。
いっぱい愛情に包まれているコジ君。
その笑顔をもっともっと見せてね。。
コジくんが里親募集だったとは・・・i-181
それでも、たくさんいる里親募集のワンコの中でコジパパさんが「衝撃」を受けたというコトは、
コジくんはコジパパさんのところに行く運命だったのでは・・・って思います。
コジくんが、ひねくれなかったのは、
コジパパさんに愛されている・・・というのが
しっかり分かっていたからだと思いますよ~i-179
さすが、番長!いよっ、海男!!
「海でないと走らねぇーーーぜ!」ってカンジでしょうか?
でも・・・小さい頃の写真のリボンが・・・i-229
こんにちは
コジさんが里親できたなんて全然知りませんでした。
それに今の海での勇姿を見ると、最初からもう元気に走り回っていたのかと・・・
今までいろんな苦労があったんですね。

私も、ふとアーたんとの出会いを思い出しました。
やっぱり運命の出会いってあるんですよね~。
コジロウ君は里親募集されていた子なのですね。
うちは保護犬で保護された時は既にシニアでしたが
保護主さんが飼えない状況だったため急募になっていて。
私も、同じようにネットでネットで写真を見て
会いに行って・・・と言う順序で我が家に来たので
なんだか気持ちの部分ではとても重なりました。

きっと写真を見たときに感じた直感は
我が家と「縁があった」と言うことなのだな~と
なんとなく思っています。
これぞ 運命の出会い!
導かれたとしかいいようがありませんね
コジロウくん、良かった良かった♪
幸せ一杯、愛情一杯 感じているよね

海、「魔法の海」ですね
先代犬のロッキーくんが 誘ってくれていたのかも♪
海が近くて 良かったですよね
うちみたいに 海まで1時間だとしたら?
コジロウくんはどうなっていたんだろう・・・
「海男伝説のスタート」の下の写真ですが~
可愛いリボンつけているところが 憎いネェ~♪

これからも
湘南ハイパーズの活躍、楽しみにしています!
たくさんの笑顔を 見せてくださいね
コジロウパパさん、こんばんは。
コジロウくんとの出会いは里親募集だったのですね。
こんなに可愛い子が・・とちょっと驚いてます。
でも、人間側にもそうせざるを得ない色々な事情があったのでしょうね・・。
ハピィブログに書いたこともありますのでご存知かも
しれませんが、ハピィとも里親募集サイトでの出会いでした。
なんでも飼い出して1ヶ月も経たない内に飼えなくなったらしく。
だから色々と相手の人に突っ込んだ質問をしたりして。
結局はハピィを家に迎えるに至ったのですが、
なにぶんハピィが元いた神奈川県からは熊本県は
遠すぎる・・だから、長い時間のかかる陸送よりも
空送の方がハピィの身体に負担を掛けないだろう・・と相手の方とも
意見が一致し、
(ワンコも車酔いしますからね・・(汗)
ハピィには少し怖い思いをさせたかと思いますが、
そうしてハピィを家に迎えるに至りました。
でも、今から考えると、相手の方を
責める思いは全然なくて、きっとコジロウパパさんも
同じ思いかと思いますが、むしろ、
『この子と出会わせてくれてありがとう』という気持ちで一杯です。
だから、今日、2月9日は、コジロウくんの誕生日と等しいくらいの記念日ですね^^
ハピィが家に来た日も、特別記念日になってます☆


そうそう、前前回の記事のコメントの、F値1.4で30mmの単焦点レンズのお話。
コジロウパパさんのご推測の通り、シグマです☆
さすがですね♪
色々と考えさせられてしまうエピソードですね。
コジロウパパさんの思い入れがひしひしと伝わってきました。
コジロウ君も、こんなに思ってもらえる家族に囲まれて、本当に幸せだと思います。
人間もワンコもワンダフルライフですね。
先日は、ご無沙汰しているにもかかわらずコメント頂き、ありがとうございました。

出会いは、やっぱり“必然”ですよね!
コジくん、ここに来るために6ヶ月待ってたんだもんね^^

わたしも、あると出会った時のこと、あるを迎えた日のこと、忘れられません。
きっと、ずっと。

セカンドバースデイ、おめでとうございます♪
ふたつの幸せ。
家族記念日おめでとうございます!
ひとりで迎えられたとお聞きしていたので
その大変さと気持ちの持ちようについて
勝手に共感してしまいます。

コジロウくん、こんなに小さかったんですね!
ひとり、そしてまたひとりと家族が増えて
コジロウくんにも守りたいものができたのでしょうね。

コジロウパパさんも、
コジロウくんとふたりでも充分幸せだったと思いますが
今は今の賑やかな幸せがあるのでしょうね。

これからもずっと幸せが続きますように♪
おめでとうございます。

コジくんは繊細な男の子だな~と思っていましたが、
パピー時代にはいろいろあったんですね。
出会いは偶然ではなく必然って本当ですよね。
あの日があるから今がある。
我が家も常々同じことを思っています。
これからもコジムサくんの活躍を
楽しみにしていま~す♪
オーちゃんさんへ
コジは色んな経緯から
里親募集されて我が家へ来ました。
それまでもサイトは良く見ていましたが
里親を探している子って、ホント多いんですよね。
殺処分が減るようにと徐々に動きがあるようですが
どの子にも産まれてきたからには
幸せになってもらいたいものです。
りきママさんへ
コジが募集されていた経緯って
ちょっと複雑なんです。
いつか直接お話する機会がありましたら
その時にその経緯はお話しますね。
それまで先代とは顔色一つで何考えているか理解出来たのに
コジと暮らし始めた頃は何を考えているのか
一切分からずに手探りで接していたんですよね。
ようやく何を考え、何を望んでいるのか理解出来るようになったので
これからコジが笑顔でいられる為にも
もっともっと努力してあげなきゃって思います。
ねずさんへ
もう一度ワンコと暮らそうと思った時には
ショップやブリーダーさんを見ていたんですけどね
ふと見た里親募集サイトで
こんなにも里親を探しているワンコがいる事を知ってから
そのサイトばかり見て迎える子を探していました。
でもね~、ホント決断出来る子に巡り会えなかったんですよね。
そんな中でコジと巡り会えたのは、やっぱり必然だったんでしょうね。
このリボンは、迎えに行く前日にトリミングへ連れて行ってもらって
着けてもらったんですよね。
しばらく海へ行くにも着けたままにしてました。
爆走してるうちに片方なくしちゃったんですけどね。


まりこさんへ
今のコジからすると
歩かなかったなんて想像出来ないですよね~。
その経緯にも色々あったんだろうなって
想像がつきました。
先代の子も出会ってオイラの人生が180度変わったんですが
コジとの出会いでも、また人生の転機でもありました。
出会うべくして出会ったんだと思いますよ。
沙羅さんへ
どんな形であれ、迎えたからには
我が子に代わりなくて、その生涯を
絶対に幸せなものにしてあげようって
誓いました。
他の子を見ても感じなかった事を
コジロウには感じられたってのも
きっと縁があったからなんだと思います。
コジロウが呼んでくれたのかな~ともね。
ヨーコさんへ
もうね、ホントにビビビッてきましたから!
コジと暮らし始めて少しずつ感じるようになった事なんですが
先代と仕草やクセが似ているんですよね。
その時初めて、生まれ変わりを信じるようになりました。
辻堂海岸ですが、当時は例の河原の傍に住んでいたので
片道1時間半くらいかけて行ってました。
それでも海でだけ特別な顔を見せてくれるので
毎週の休みは、ほとんどコジと海へ行く事に
費やしてました。
そうやってコジの海男伝説が始まっていったんですよね。
振り返れば、良い思い出です。
リボンは迎えに行く前日にトリミングへ連れて行ってもらって
着けてもらったんですよ。
今の番長じゃ、とても着けようって気にならないですけどね。
すばらしい絆!!
コジ君との出会いは、こんなストーリーだったんですね。
すごい感動しちゃいました。
今は、すごく強い絆ができましたね。
ずっと仲良く楽しく過ごしてください。
これからも、コジ君のがんばりを見守らせてくださいね。
コジロウくん、里親募集で迎えたワンコだったんですね。
ちょっと驚きだったけどパパさんとの素敵なストーリーに
感動しちゃいました。
パパさんに出会うまでの6か月間は辛いこともあっただろうけど
こうして出会えて、今では素晴らしい家族が増え、
コジロウくんの人(犬)生は幸せいっぱいですね。
これからも愛情いっぱい受けてハイパーぶりをたくさん見せてね。
家族記念日おめでとうございます!
追伸
今さらですが、リンク貼らせていただいてもいいですか~?
こんな出会いがあったんですね~
我が家も、不思議な縁と言うか引きつけられるように
出会ったんで、コジロウパパさんの気持ちが
解りますよ~。
コジくんの家族記念日おめでとうございます!
私は運命とかとっても信じる方なので
ちょっと熱くなっちゃいましたーー
どんな出会いでも自分にとっても
相手にとっても必ず意味があるんですよねっ
コジくんが愛情いっぱいの中育ったのは
見ていてとーっても伝わってきます★
それ以上にきっとコジくんからも
たくさんの愛情と幸せがコジロウパパさんご家族に溢れているんでしょうねi-176
パピィのコジくんも可愛い~(〃▽〃)
パパさんの笑顔いっぱい詰まった海が
コジくんの大好きな場所なんですねっ☆
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ハピィぱぱさんへ
こんにちは。
コジが譲渡されるまでにも色々な事情があって
里子に出る事になったんですが
そうした経緯や、沢山里親に立候補した方々の中から
オイラを選んでもらえなければ
今の生活自体が無い訳ですからね。
コジロウとのご縁を与えてくれた事には
とても感謝していますよ。
ハピィ君は神奈川にいたんですね。
神奈川から九州まで、頑張って一人で向かったって思うと
何か胸にギュッときますね。
ショップやブリーダーさんでの出会いや
里親募集での出会いにしろ、一緒に暮らすと決めたからには
どんな事があっても、その生涯は幸せなものにしてあげようと
思いますね。

レンズ、CanonのEFレンズにも同じ焦点距離でF値1.4があるんですが
ぱぱさんの使っている機種が分からなかったので
あえてシグマにしてみました。
シグマのこのレンズ、純正よりも描写がいいって
言う方もいますよね。
ナオユキさんへ
コジと暮らすようになってから
オイラ自身が良い面で変化していったんですよね。
それまでなんて、とてもここじゃ書けないような
すさんだ生活してましたから^^
きっとお互いがお互いを必要としたからこそ
こうして出会えて今一緒にいるんだと思います。
るんさんへ
有難うございます。
と、お久しぶりです。
しばらく更新されていなかったので
ある君元気かな~って気にしていたんですよ。

それまでホントに気が遠くなる程沢山のワンコ見て
その中にはキャバが含まれていなかったにも関わらず
コジだけに感じたものは、きっと必然的な出会いだったからなんだと思います。
ちなみに、ムサシとの出会いにも
ちょっとしたドラマがあったりします。
それはまた機会があった時にでもお話しますね。
出会った日の事、ずっと忘れずに大事にしていきたいですね。
やえさんへ
有難うございます。
こう言ったら何ですが
男手一つでコジを育て上げたので
とても男くさいキャバに成長しましたね。
男同士だからこそ、時には厳しくも接しましたし
甘やかす時には思いっきり甘えさせました。
他を放置してまでコジとの時間を優先したからこそ
今があるんだと思っています。
いつでも真剣に向き合ってきたからこそ
その後に出来る家族も優しく受け容れて
くれたんだと思います。
コジから始まったちっちゃな幸せが
徐々に大きくなってきて、決して失いたくない
幸せへと変化出来たのも、コジのおかげです。
ずっと守らなきゃ!ですね。
プリママさんへ
そうそう、コジはオイラに似て
デリケートなとこがあるんですよね~。
ほんの何日かサイトを見る日がずれていれば
コジを知る事も出来なかったんですよね。
そういう意味でも、出会いは必然だったんだと
思います。
コジから始まったワン友さん達との交流も
コジが運んできてくれた縁ですからね。
大事にしていきますよ。
よつばママさんへ
何でしょうね。
それまで他の子には感じなかったものを
コジには強く感じたんですよね。
コジに引っ張られたというか・・・。
コジとは本気でぶつかり合ってきたからこそ
今の絆があるんだと思います。
今まで頑張ってくれた分、これからは穏やかに
のんびりすごしてもらいたいですね。
まりんママさんへ
有難うございます。
縁あって我が家へ来る事になりましたが
それまでは母ワンコとも一緒に過ごせていたので
生後1ヶ月ちょっとで親元から離されるショップの子と比べたら
その面でコジは幸せだったと思います。
何て言うか、家族の喜ぶ顔や幸せそうな顔を見る事が
オイラの幸せそのものなので
コジをはじめ、家族のみんなが幸せと思っていてもらえるように
これからもオイラは頑張りますよー!

リンク、勿論OKです!
こちらにも張らせてもらいますねー。
ちゃっぷさんへ
我が子達との出会いは
それぞれ運命的なドラマがあるんですよね。
で、こちらが決断したようで
実はワンコ達がそういう方向へもっていっている
ような気もします。
「この人なら大事にしてくれる」
そう思ったから強い力で引っ張られたのかもしれませんね。
きぃ☆さんへ
有難うございます。
不思議と引きつけられるものがあるから
こうして出会い、一緒に暮らすようになるんでしょうね。
コジが与えてくれたものはとても多くて
恩返しするにも、まだまだ追いつかない位です。
先代が旅立ってから、少しずつ忘れていった
人間として大事な事も、コジが思い出させてくれました。
体はちっこいけど、コジの存在は偉大ですね。
コジから始まった海好きも
弟に受け継がれ、今は妹も徐々に好きになってきていて
いつしか家族皆が大好きな場所になっていたんですよね~。
コジ兄ちゃんバンザイ☆
コジ君の歴史を読ませて頂きました!
うん、コジ君だけでなく家族みんなの歴史だ◎
コジ君と海は切っても切れないんあだな~◎

コジ番長!これからも父ちゃんに変顔を見せてあげてね!
そして弟君のことを思って体調を崩してしまう繊細さ、大好きだよ☆
キャバらぶ~さんへ
コジの海好きは、ここから始まったんですよね。
それまで広い芝生のある公園でも歩こうとしなかったのに
なぜ砂浜では歩いたのか、いまだに不思議な部分でもあります。
でも海が大好きな子になってくれたので
ムサシの散歩デビューを海にしても
ちゃんとリードしてくれたからムサシも怖がる事無く
海好きになってくれたんですよね。
4歳過ぎてから少しずつ白いものも混じってきましたが
まだまだオチャメで勇ましいコジでいてもらいたいものです。
おめでとうございます。
コジロウくんが家族になるのは運命だったんですね♪
そう感じました。
幸せな家庭でよかったね♪
魔法の海・・・じつはコジロウくんたちが楽しそうに
走っている写真を見て、ハリーを海に連れて行くように
なったのです。
海を背景に走る姿はかっこいいですよね♪

これからも元気いっぱい、幸せいっぱいなご家族でありますように。
ハリままさんへ
有難うございます。
こうして振り返ると、コジが導いてくれたのかなって
思うんですよね。
運命でも縁でも、我が子にしたからには
日々幸せと感じてもらいながら
健やかに過ごしてもらいたいんですよね。
海へ行くと、ワンコもノビノビ走れて
楽しそうですよね。
砂浜は足にも優しいし、我が家とは切っても切れない場所です。
ハイパーズが海で走る姿を見て、ハリー君も行くように
なったんですね。
じゃあ、ハリー君も海男ですね~。
コジロウ君と、パパさんの運命的な出会いがあったんですねv(^-^)v
色々な事を、乗り越えて素敵な家族の一員になったなんて、
とっても幸せな事です゜∀゜
外を歩かないコジロウ君、海で初めて楽しく走った時、
嬉しい気持ちに私までなっちゃいました*´∀`*
これからもコジロウ君、ムサシ君、未海ちゃんと、素敵な家族で
ずっと居れるますように・・・(*人´-ω-)

ワンを迎えてから、生活が全然違ってきて、色々気付かせてくれるから、
不思議です^^*
めるままさんへ
コジとは出会った時からドラマがあって
それから色んな事を一緒に
乗り越えてきたんですよね。
コジは息子でもあり、戦友でもある感じです。
コジの散歩拒否は尋常じゃなくて
頑として歩こうとしませんでしたからね。
それが砂浜だと楽しそうに走ってくれたのが
とても嬉しかったですね。
今でもその時の光景は、ハッキリと覚えています。
うん、ワンコと暮らすようになってから
まるっきり生活が変わりましたね。
まず夜遊びしなくなった^^
そして健康的になりましたね。
暖かい日差しの中、自然を感じながら散歩する
楽しさを教えてくれたのも、コジとムサシでした。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。