05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

自分に出来る事

2008年09月17日

最初にお断りしておきますが
私は肉を日頃から食べています。
なので、これから書く事は
矛盾しているかもしれない。
動物愛護など訴える資格も
ないのかもしれない。
ただ、現実を多くの人に知ってもらいたいので
記事にさせて頂きます。

日本の近隣諸国である韓国や中国では
少数ですが犬食は文化だと主張し
犬肉が食されています。
先月まで開催されていたオリンピック期間には
各国の目に触れぬよう、レストランなどでは
犬肉を使用しないメニューを並べていたようです。
食肉とされる犬達は、Mixだけでなく
純血種の子達もいます。
中には食肉確保の為、盗難されて
食肉にされる子達もいます。
いつも傍で真っ直ぐな眼差しをくれる
我が子と同じワンコが
食べられてる事実、あなたならどう思いますか?

以下、ヘルプアニマルズより記事を転載します。

今後は、韓国の犬肉の[完全不法化]を求めていきます。

 韓国では犬を残酷な方法、たとえば
生きたまま焼く、蒸す、絞殺、刺殺
撲殺などの残酷きわまりない方法で殺し
非合法であるにも関わら ず
実際には食べられています。

韓国でも犬食を「文化」だと主張する人たちは
犬肉業者など少数しか いません。

 韓国において犬肉を名実ともに不法とするため
韓国の動物を愛する市民や動物保護団体は
海外に協力を求めています。
韓国犬肉の完全不法化のための署名にご協力お願いします。

韓国の保護団体、KARAから聞いた韓国の犬食事情
 
現在、犬を原材料としたものには食用の犬鍋
(漢方的解釈の)補薬、犬焼酎などがあるそうです。

現在、犬肉は法律上“非合法(グレーゾーン)”にあり
中央政府は事実上、それを野放し状態においています。
また、韓国全土に存在する犬飼育場は
一箇所を除き、全て無許可・無登録です。

KARAのHP(on air)にある、犬3匹の絞殺風景を撮影した映像は
KARAのイエロードッグチーム(犬食のフィールド調査チーム)
が撮影したものです。
実際はこれよりもっと酷い映像もあるとのこと。
あまりにも残酷すぎて、さすがに載せれなかったそうです。

残虐な堵殺方法の一つで
上から吊り下げて首を絞めた状態になると
犬がもがきますが、もがいた体がセンサーに触れると炎が出て
まだ息のある状態で、絞殺されながら
焼かれるというものがあるそうです。
(この装置はサンガクテと言う。)
このように堵殺する理由は
味が良く滋養が増すと考えるからだそうです。
ただ、このように堵殺していくのは大変な作業のため
電気衝撃機が作られたとのこと。
電気衝撃機を作り出したのも、犬肉業者たちです。

現在は電気衝撃機による堵殺の方が主流ですが
業者たちの間では、サンガクテや撲殺などで堵殺している側は
「こっちの方がやっぱり味がいい。」、と言う一方
電気衝撃機で堵殺している側は
「電気衝撃機でも味は全く変わらない。」
と主張し合っているそうです。

KARAの幹事が幼い頃
自宅の裏山で偶然にサンガクテによる
犬の堵殺を目の当たりにしたそうです。
そのときは信じられない光景に
事体を把握できなかったと言います。
ただ、脳裏に焼きついた光景は残ったまま
今もストレスのような状態があると言ってみえました。

肉量を増やすためのイエロードッグの交配は
土佐犬とも行われているそうで
交配されたイエロードッグには
大人が横に両手を広げた幅ほど
大きなものもいるそうです。
活動量を落とすために飼料だけでなく
水分も辛うじて死なない程度にしか与えないため
飼われている犬たちは全て元気がありません。
また、知能の高さから、状況を察知している
(つまり、殺されるかもしれないということを
実際に感じている)ので
終始、不安感を持ちながら生きていると説明されました。

{電気衝撃機による堵殺について}
 電気衝撃による堵殺は
犬のどの堵殺方法よりも残酷だという見解もあります。
1回の電気衝撃によって一息に犬を殺すというのではなく
数分おきに何度も衝撃をかけながら
じわじわ殺していくというものだからです。
犬は一度、電気衝撃をかけられると
身体が麻痺状態になり動けなくなります。
しかし意識や感覚は残っているのです。
犬たちは激しい痛みにもがくことさえできないまま
何十分もかかってゆっくりと死んで行きます。
電気衝撃の回数が増すにつれ
体毛がチリチリと焼けてくると言いますが
それでもまだ生きているのです。

{韓国人の迷信盲信度}
 薬食同源の観念が根付いている韓国では
体に良い(ただ単に、栄養があるのではなく
万能薬のように優れた食べ物という観念)
とされるものを、盲目的に信じ
やみくもに摂取するという国民性があります。
(特にこれは、年配者にその傾向が偏っています。)

犬肉もまさに、その“優れた薬のような食べ物”
と信じ込まれ摂取されていますが
現代になり、犬肉の成分は
「他の肉類となんら変わりがないこと」が
食品成分検査によって証明されました。

ただ、こういった事実は
犬肉で生計をたてている犬肉業者たちによって
残虐な堵殺方法や、犬肉にまつわる
多くの悪行とともに隠蔽されており
その実態は国民たちには知らされておりません。

記事に転載した文章は、ほんの一部にすぎません。
韓国の保護団体は、犬肉は文化ではないと主張しています。
韓国において犬肉を実名ともに非合法とする為
韓国の動物を愛する市民や動物保護団体は、海外に協力を求めています。
犬肉の非合法化を求める署名が
オンライン上で行われています。
強制は一切しません。
あなた自身の目で確かめ、この事実に納得出来ないようでしたら
署名して下さい。

署名はこちらから

サイドバーにも、署名のタグが張ってあります。
どうぞ宜しくお願い致します。

スポンサーサイト
未分類 | コメント(8)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんばんは^^
数週間前にサイドバーに署名があるのを見て、
実名とかはあまりネット上では書きたくなかったんですが、
見ぬふりをすることができず、僕も署名させて頂きました☆
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
残虐すぎて、言葉がでません。
現実は知っていましたが、こんなにも酷いとは
正直初めて知りました。

微力ではありますが、私もいつかこの現実がなくなることを信じて・・
署名にご協力させて頂きます。

大切なお話、教えてくださってありがとうございます。
コジロウパパさん、コジロウくん その後体調はいかがですか?
良くなっているといいのですが・・
読むのが怖かったです。。。
こんなこと韓国であったなんて知らなかったです。
あまりに残酷すぎて・・・。
人間のすることとは思えないです。
こんなことがあってはならないし、、、
ワンちゃんは心も(感情)持ってるし、、
署名にご協力させて頂きました。

平和な国であってほしいと・・・願うばかりです。
願いながらも
遅ればせながらのコメントですが・・

こちらのサイトには以前署名をしました・・
サイトを見た時は憤りと悲しさと無力感に苛まれました。
信じがたかったし、信じたくないという思いもありましたが
知ることはから始まるんですよね。

自分の犬を見ていると、過酷な悲しい運命の犬たちと重なって
どうにもならない気持ちになります。

人間の利己や利益で動物が苦しまない世界に
いつなるのでしょうか。

【皆様へ】
この記事へは賛否両論あるかと
思います。
そんな中でも、署名をして頂いた皆様
本当に有難うございます。
ちょっとやそっとじゃ変わらないような
とても大きな問題ですが
何もせず、じっと指をくわえている事も出来ず
今回記事にさせて頂きました。
見て見ぬふりをする事も出来るでしょう。
ただ私は、嫌な事には堂々と腹を立てる事も
知っています。
こういった思想ではお付き合い出来ないと
仰る方がいるのなら、それはそれで仕方の無い事だと思っています。
人それぞれ、考え方があるのですから。

私の生きていく上での事ですが、愛する家族を守るという
前提があります。
そして人生そのものを教えてくれたワンコへ
少しでも恩返ししていけるよう
自分に何が出来るか考え、今後も行動させて頂きます。
たとえ微力でも、それがワンコに対して
自分が出来る事なのですから。
こんにちは
実はうちの父親が今韓国に
単身赴任でいっています。
ですので、以前に父にもこの件は
どういうことか聞いたことがありました。

実際には老人の一部の人しか犬は食べないそうです。
(若者は嫌がってたべないらしい・・・あたりまえか。)
でも、なんで犬を食べるのかホントに不思議です。
私は最近お店で食べるお肉はともかく、
お家で調理するお肉に抵抗感を感じます。
(なので、旦那さんから非難が出るほどお肉が少ない・・・)
実は最近ソーセージも無理になりました。
(動物だった感じがするから。汗。)
人間は成長しなくちゃいけないから、お肉を食べるなとは言わないけど
(お魚にしてもなんにしても)感謝の気持をもってすればこんな残酷な事、起こらないはず。
ホントに信じられないことですね。
偽善的な考えかもしれないけど
幸せなワンコと不幸せなワンコがいるという不平等な世の中、なんとか変えたいです。
私もブログに載せますね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。